当院で可能な検査

眼底3次元装置(OCT)導入

レーザーを用いて網膜の各層から反射し、戻ってきた波をコンピューターで解析することで網膜の断面を見ることができ、より正確な治療・経過観察が可能になりました。
その結果、加速黄斑変性症などの黄斑部疾患や糖尿病網膜症、緑内障の視神経解析などの診断に使っています。

涙道内視鏡検査

涙道の状態を内視鏡で検査し、必要であれば予約で治療を行います。内視鏡では治療できない重度の方に関しては、提携先の病院を紹介していますのでお気軽にご相談ください。
早期の閉塞であれば内視鏡で治せる可能性が高いので、そのまま放置せず受診されることをおすすめします。

また、生まれつき涙が出る、先天性鼻涙管閉塞に対しても、涙道内視鏡でより安全に開放するようにしています。

お問い合せはこちら 082-502-2115